再建を目指す米国経済の現状

先週実施されたポルトガルやスペインの国債入札が順調に済んだことは、ユーロドル相場を12月のレンジだった1ユーロ=1.3000―1.3500ドルの上限に押し上げた。しかし、欧州と米国が同じ程度のリスクを抱えていることを考えれば、ユーロに対して過度に強気の姿勢で臨むのは慎重にならざるを得ない。1月初めにはユーロ圏の債務問題を背景にユーロに対する弱気ムードが広がったが、ポルトガルとスペインの国債入札成功や、中国や日本によるユーロ圏債券購入の意思表示を受け、ユーロは1.29ドルから1.34ドルに急伸。為替相場ではユーロ買いがすすんでいる。

経済の均衡回復

回復の萌芽から完全雇用への道のりは、困難なものとなるに違いない。経済がリセッションからより強力かつより持続性のある繁栄を伴って現れるためには、金融危機の種をまいてしまった問題に、うまく対処することが必要である。低水準の個人貯蓄や巨額な政府財政赤字から離れ、投資へと向かわせる、経済の均衡回復が必要である。われわれの金融システムは、回復のサポートに必要な貸付を供給すると同時に未来の危機のリスクを削減することを行って強化されなければならない。

FX(外国為替証拠金取引)では、投資家の方が所定の証拠金を預託する事により、その証拠金の額に比して大きな額の取引を行う事ができます。大きな利益を得る可能性がある反面、通貨等の価格または金融指標の数値がお客様にとって不利な方向に変動する事により、損失を被るおそれがあり、かつ当該損失の額が預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。スワップ金利(金利差調整分)について、保有するポジションの種類によって受取または支払が発生します将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受取金額が縮小したり、反対に支払へと転ずる可能性があります。事前にFXの仕組みを十分理解してから取引を開始することをおすすめします。